小田急線 相模大野駅前 徒歩30秒

そのこ矯正歯科 相模原市 相模大野 矯正歯科 専門医 成人矯正 子供矯正

そのこ矯正歯科 相模原市
そのこ矯正歯科
矯正歯科とは?
成人矯正
子供矯正
早い矯正(インプラント矯正コルチコトミー、セルフライゲーションシステム)
見えない矯正(インビザライン・舌側矯正・アライナー)
抜かない矯正(非抜歯矯正)
ブライダル矯正
不正咬合治療例
そのこ矯正歯科Q&A
患者さん感激の声
矯正歯科治療の流れ
料金案内
その他の治療 相模原市
予防歯科
クリーニング(PMTC)
ホワイトニング
アンチエイジング
デンタルアロマテラピー
そのこ案内
そのこ矯正歯科コンセプト
院長ご挨拶
アクセス
カレンダー
施設案内
取扱商品
インフォメーション
院長日記
求人(歯科衛生士・技工士)
リンク集
お問い合わせ
プライバシーポリシー

矯正歯科とは|矯正歯科 相模原市相模大野 小田急線
   矯正歯科とは
一般的に、悪い歯並びをきれいにする治療の事を矯正治療といいます。

しかし、ただ歯並びをきれいに改善するだけではなく、
発音障害を改善することや前歯で食べ物をしっかりとかみ切ることや
全身とかみ合わせのバランスを調整することも改善できます。

奥歯で食べ物を噛み砕くこと、歯のガタツキをなくすことにより、歯の
清掃性を良くして、歯の寿命を延ばすという予防的な効果もあります。

さらに、成長期のお子様には、顎、顔の適切な成長発育を促す効果
もあるのです。

矯正治療とは、数多くの治療効果をもちあわせる歯科治療の
一分野になります。
矯正歯科治療とは

しかし矯正治療は、ただ歯並びを治すためだけのものではありません。それには、大きく分けて2つあります。

本当の美しさを取り戻す
矯正治療はただは並びが美しくなる、というだけではありません。
噛み合わせを治すことによって、顎のラインにも変化が現れ、顔全体のバランスを整えます。
本来もっている美しさが、歯並びが悪いために崩れてしまっている。
そういう人が本当に多いのです。
正しい噛み合わせは、若さと美しさを保ちます。

健康を保つ
歯並びを治しただけで本当?と驚かれた方もいるかもしれません。

しかし、歯並びや噛み合わせが悪いことは、胃腸障害のみならず、
顎関節症、肥満、不妊症、アレルギー、眼精疲労、近視、発音障害から口臭まで、
様々な症状の原因となる可能性があります。

正しい矯正治療によって、体の健康のバランスを取り、健康を保ちます。

矯正治療が必要な状態

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

俗に言う“出っ歯”さんです。

上の顎(あご)が下の顎より出ている歯並びです。

上顎前突には次の3つのタイプがあります。

■顎骨の大きさに問題がないが、上の歯が出ているタイプ
■上顎が大きいタイプ
■下顎が小さいタイプ

それぞれ原因・治療法が異なります。
上顎前突

下顎前突(かがくぜんとつ)

俗に言う“受け口”さんのことです。

下の顎が上の顎より出ている歯並びです。

下顎前突には次の3タイプがあります。

■顎骨の大きさに問題は無いが、下の歯が前に出ているタイプ
■下顎が大きいタイプ
■上顎が小さいタイプ

それぞれ原因・治療法が異なります。
下顎前突

叢生(そうせい)
 
俗に言う“八重歯”“乱杭歯”のことです。

顎が小さくて、歯が生える場所が足りなくなり、押し合い、へし合いして
歯並びがデコボコになるのが乱杭歯です。

このタイプの不正咬合は、日本人のトレードマークと言ってよいですが、
欧米ではこれを”ドラキュラの歯””悪魔の落とし子”と言って
大変嫌います。八重歯は国際感覚としては通用しません。

 
 
叢生

開咬(かいこう)

“前歯がくっつかない咬み合わせ”のことです。

普通に噛んでも奥歯数本が噛めるだけで、前歯の上下が
くっつかない咬み合わせです。

開咬の主な原因には次の2つがあります。

■舌の突出癖による開咬
■指しゃぶりによる開咬

お子さんの場合は、指しゃぶりや舌突出癖が原因で開咬となる
ことがほとんどです。こういった癖をやめて、形を整える治療を行うと
開咬は改善しますので、早めの治療をオススメします。
開咬

過蓋咬合(かがいこうごう)

極端に深い噛み合わせのことです。

過蓋咬合とは、 噛んだときに、上下の噛み合わせの重なりの度合が
大きい状態をいいます。時に下の前歯がほとんど見えないほど
深く噛み込んでいる場合もあります。

下の前歯に上の前歯が過剰におおいかぶさるので、下の前歯だけでなく
歯肉や歯を支える骨(歯槽骨)に負担がかかったり、下あごの前方への
成長が妨げられたりします。

また、下あごの前方や横方向への運動をスムーズに行うことができず、
顎関節症(がくかんせつしょう)の一因になる可能性があります。
過蓋咬合

顎変形症(がくへんけいしょう)

奥歯の噛み合わせや前歯の中心が左右に噛み合わせのことです。

顎変形症とは、上あご(上顎骨)または下あご(下顎骨)あるいは
その両方の大きさや形、位置などの異常によって、顔面の変形と、
噛み合わせの異常を起こしている状態を言います。

原因はまだはっきりしていませんが、同じ方向で常にほおづえを
ついたり、片方の歯で食べ物を噛んだり、寝るときの姿勢など
生活習慣が影響していると言われています。

顎変形症

矯正治療をはじめられる方へ
痛みについて
痛みについて
装置が入ると、歯が浮いたり痛んだりすることがありますが、
これは歯が動き始めたからです。

この時期はよくかめませんので、柔らかい食べ物や小さくちぎった食べ物を食べて下さい。

個人差はありますが、3〜7日ぐらいで段々おさまってきます。
痛みが我慢出来ない時は、痛み止めを飲んで下さい。

食べ物について
食べ物について
 おせんべいやりんご、固い食べ物のまるかじりは装置が
 壊れたり、はずれたりするので、小さく切って食べるように
 しましょう。

 ガム・キャラメル・お餅などの粘着性の食べ物も
 装置が壊れる原因になりますので、控えて下さい。

矯正治療中のハミガキ
矯正治療中のハミガキ
 装置の入った口の中はとても汚れやすいので、食べた後は
 すぐハミガキして下さい。
 1日に1回は手鏡を見て、丁寧に時間をかけて磨いて下さい。

 矯正の装置用の清掃道具も使用して下さい。
 また、歯ブラシが傷んだら新しいものに取り替えましょう。

ご予約について
ご予約について  
 来られなくなったり、時間に間に合わないようであれば、
 早めのご連絡をお願いいたします。

このような時はご連絡下さい。
◆装置がはずれたり、壊れた時。
◆装置が頬や唇、歯に当たって痛い時。

ご予約はTELにてお願いいたします。そのこ矯正歯科TEL.042-740-8817

矯正歯科治療の流れをご確認下さい!
矯正歯科とは

COPYRIGHT(C)2010 そのこ矯正歯科. ALL RIGHTS RESERVED.